夏の虫取り(昆虫採集)シーズンにちなんで、虫かごのイラストを描きました。百円ショップで売られているような、プラスチックのかごタイプの虫かごと、メダカなど水辺の生き物なんかも入れられる水槽タイプの虫かごの二種類です。



素材屋小秋の大カテゴリ「夏」のカテゴリ「虫取り」にアップいたしましたので、学校や幼稚園の夏休み関連の配布物や、おたよりのイラストなどとしてご活用ください。

さて、虫かごですが懐かしいですね。私が小学生ぐらいの頃までは、自宅や祖父母の家には、常に虫取り網や虫かごがいくつかありまして、暇になったら虫を採りに行っていたような…

特に虫が好きとかいうわけではなく、むしろ蝶だのバッタだのカブトエビだのメダカだのといった目当ての生き物を追っかけているうちに遭遇する、カエルやイモムシやミミズなどは当時から大の苦手だったはずなのですが、なぜか毎回懲りずに挑んでいました。

何だったんでしょうね、あの情熱は。徳島の片田舎ということで、よほど他に娯楽がなかったということが考えられるのですが、今にして思えば本でも読んどけよ、自分…という感じです。

で、怖いのが、採った虫や水の生き物をその後どうしたかという記憶が全くないこと。

繁殖に成功したこともなく、昆虫標本にしたこともなく。逃げられた、ということはあった気がしますが、おそらく大部分は一時保管用のあのちゃちな虫かごの中で衰弱して…というパターンだったのでしょう。

しかし、悲しかったという記憶が全くないんですよね。子供は残酷だ、というときに引き合いに出される話に、小動物に爆竹をしかけたり、足をもいだり、というものがありますが、関心がないというのもひとつの残酷の類型ような。

今日は虫かごにまつわる虫取りのほのぼのした思い出を書こうと思っていたのに、実はほのぼの要素が全くなかったことを認識してしまい、戦慄している素材屋小秋の虫かごのイラストはこちらです。