イースターのイラストシリーズ第3弾。エッグハントのイラストを描きました。カラフルな玉子の入ったかごを持った子供のイラストです。男の子バージョンと女の子バージョンがあり。エッグハントの開催のおしらせや、イースターのイメージイラストとしてご活用ください。



さて、今回のイラストは"egg hunt"で検索して、表示された画像をいくつかざっと眺め、掴んだイメージを日本の子供っぽくアレンジして描き直したものです。

が、このブログを描くにあたり、「エッグハントとは」と書こうとして何も書けないことに気が付いたので、ちゃんと調べてみることにしました。分かりやすい記事があったので、引用させていただきます。

Egg Hunt (エッグハント) とは、イースターのメインイベントで、プラスチックのカラフルな卵の中に お菓子やおもちゃが入ったものを、庭や公園の芝生などに隠し、それを子供たちが探すといった遊びです。

学校やチャーチで開催されたり、 City のレクリエーションセンターで行われたりもします。

参加する子供たちは、パステルカラーのドレスや洋服を身にまとい、エッグを入れるバスケットを持って エッグをハントして楽しみます。
アメリカで楽しむ Easter (イースター) - Easter(イースター)とは ? -|アメリカ生活+子育てガイド

「パステルカラーのドレスや洋服を身にまとい」←おお、こんな習慣があったとは!

私のエッグハントのイラストの子供たちも、パステルカラーの服を着ていますが、実はこれはたまたまです。当初はもっとビビッドな色だったのですが、春のイラストだから淡い色のほうがそれらしいよな、ということで変更したのでした。危ない危ない…。

easter dresses for girls」で検索すると、パステルカラーのドレスを着た女の子の画像がいっぱい表示されます。しかしみんなかわええな…パステルカラーは髪や肌の色が薄い人のものだなあとつつくづく。

それはさておき、日本のエッグハント事情はどうなんでしょうか。「エッグハント」と検索すると、主にディズニーのイースターエッグハントに関する記事が主に表示されます。

また「/奇祭再び」という複合ワードが挙がっていたので、「ハロウィン以来、ふたたび西洋の奇祭がやってきた」という扱いなのだろうか?と調べてみたら、ゲーム「FF(ファイナルファンタジー)14」内のイベントであった模様。

子供たちが卵を探すという意味でのエッグハントは、日本では、ディズニーランド以外では、今のところ地域の教会の主催が多いようです。

さて、今後、キリスト教系以外の幼稚園や学校、子供会にも浸透していくのでしょうか。20年後ぐらいが楽しみな、素材屋小秋のエッグハントのイラストはこちらです。
 ↓  ↓  ↓